FC2ブログ

ボロブドゥール遺跡

2008/02/03 11:53:08 | 世界の遺跡 | コメント:0件

ボロブドゥール遺跡は、インドネシアのジャワ島中部にある、石造りの巨大な仏教遺跡です。世界最大級の仏教寺院とされ、世界三大仏教遺跡の一つでもあります。イスラム教徒が大半を占める現在のインドネシアであっても、仏教寺院として、また重要な観光施設として大切に保存されています。この遺跡は、長い間火山灰に埋もれていましたが、1800年代初頭、イギリス人のジャワ提督代理により発見され、1800年代中頃に、発掘が...続きを読む
スポンサーサイト



アンコール遺跡

2008/01/30 20:28:27 | 世界の遺跡 | コメント:0件

アンコール遺跡は、世界三大仏教遺跡の一つで、現在のカンボジア王国にある、非常に有名な遺跡群です。遺跡群に中には、特に有名なアンコール・ワット(寺院)や、アンコール・トム(城砦都市)が存在し、アンコール・ワットはアンコール遺跡より通りが良いかもしれません。ですから、アンコール・ワットがアンコール遺跡であると勘違いされることもあります。日本でもテレビ等で放送される場合は、アンコール遺跡ではなくアンコー...続きを読む

パガン遺跡

2008/01/27 03:39:47 | 世界の遺跡 | コメント:0件

パガン(バガン)遺跡は現在のミャンマーにある、非常に有名な遺跡です。世界三大仏教遺跡のひとつとされます。パガン遺跡一帯には、大小さまざまな仏教遺跡が林立しており、ミャンマーの仏教聖地となっています。特に有名な寺院は、アーナンダ寺院(上記SS)やシュエズィーゴンパゴダで、寺院には質の高い壁画や装飾が施され、周囲には多くの仏塔(パゴタ)が立ち並んでいます。どこの遺跡にもいえることですが、パガン遺跡も風...続きを読む

テノチティトラン

2007/02/18 04:04:21 | 世界の遺跡 | コメント:0件

テノチティトランとは、1325年から1521年までの間メキシコに栄えた、アステカ帝国の首都です。テノチティトランは、テスココ湖の島上に建設され、干拓によって規模を拡大していき、やがて、20~30万の人口を擁し当時の「パリ」や「コンスタンティノポリス(イスタンブール)」と並ぶような、世界最大級の規模となったといわれています。テノチティトランとその周囲は、テスココ湖を挟み多くの橋で結ばれ、また、都市の...続きを読む

ボイン渓谷遺跡群

2006/08/31 19:58:49 | 世界の遺跡 | コメント:0件

ボイン渓谷は、アイルランドの東側を流れるボイン川の中流部にあります。渓谷一帯には、ニューグレンジやタラの丘など多数の古代遺跡が存在します。ニューグレンジは、ヨーロッパにおける最も有名で重要な遺跡といわれています。遺跡の直径は約100mあり、約20万tもの石材(石英)により高度な技術で組み上げられており、石材にはすべて、渦巻き模様が刻まれています。ニューグレンジは、紀元前3200年頃造られた墓である...続きを読む