FC2ブログ

冬至

2012/12/21 21:04:21 | ふつうの日記 | コメント:0件

今日は冬至ですね。

うちは毎年ゆず湯に入るようにしています。

先ほども、ゆずがポコポコ浮いている湯船にチビちゃんと入ってきました。

暖まるかどうかは微妙ですが、香りとかなかなかよいものですよね。



さて、この冬至(冬至日)といえば、

「1年のうちで昼がいちばん短くて、夜がいちばん長い日」ですが、

日の入りの時間は、もういちばん早い時期を過ぎているのをご存じでしょうか。

今年の三重県津市を例に取ると、

1年で一番日の入りの早い時期は、2012/11/29~2012/12/11の、16:43です。

今日、冬至の日の入り時間は、16:47ですから、もう4分ほど遅くなってきています。

また、日の出の一番遅い時期は、2013/01/04~2013/01/11の、7:02です。

今日の日の出時間は、6:57ですから、これからまだ夜明けは遅くなるわけですね。

冬至は、昼がいちばん短くて、夜がいちばん長い日ですから、

日暮れの早さはピークを過ぎながらも、夜明けはまだ遅くなっていく時期にあたるわけですね。

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/
このデータは国立天文台の「各地のこよみ」を参考にしました。



ここのところ、夕方の同じ時間に、とある場所に出かけ、

計器をチェックして数値をメモして帰ってくるという仕事ができてしまいました。

機械の故障でデータが送れなくなってしまって、修理できるまで寒いなか持ち回りでチェックしてます。

16:40が僕の担当時間で、ちょうど日の入り時刻に外にいるわけです。

この時間、12月に入ってすぐは、作業するには真っ暗でした。

まあ、その時期寒くて天気の悪いことも多かったので、特に暮れるのが早い日もあったんですけど、

それが、ここ数日は、まだ薄青いですから。

確かに日暮れが遅くなってきています。

今日だと、ちょっと曇っていたので真っ暗になったのは17時ぐらいでしたが、

昨日だと17時15分ぐらいでも、薄青かったですからね。

暦(こよみ)だと4分差ですが、実感では10分ぐらい差があるように思います。



もうひとつ、冬至に関係ない?お話を。



冬至は、太陽と地球の位置関係でいえば、特別な日ではありません。

「近日点」という言葉をご存じでしょうか?

近日点は、1年のうち、地球が一番太陽に近づく日(瞬間)を言いますが、

これは、今年(来年ですが)だと、1月2日になります。

地球が一番太陽に近い日は、北半球だと真冬なんですよね。

逆に太陽に一番遠くなる「遠日点」は、来年だと7月5日です。

北半球が一番暑い時期は、実は一番太陽から遠い時期なわけです。

地球の軌道は、真円ではなく楕円なのでこういうことになるようですね。



すると、同じ夏でも北半球と南半球では、南半球のほうが暑いの?となりますが、

こればかりは、土地の高さや気候にもよるので、一概には言えないようですが、

日照のエネルギーという点であれば、太陽に近いぶん、数%ほど南半球のほうが大きいようです。

まあ、地球規模でいえば、近日点が一番暑いということになるんでしょう。

そんなわけで、

来年の1月2日は、地球規模でいえば一番暑い日で、

日本でいえば、一番夜明けの遅い時期
ということになります。

めっちゃ寒いのにwww



明日から3連休。クリスマスも待っています。

胃腸風邪も流行っているようなので、みなさんお体に気をつけて楽しみましょうね!
 
 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する