FC2ブログ

ポトシ銀山

2012/12/17 20:10:20 | トレジャーハント | コメント:0件



今回のEurosサーバーの歴史的事件は、「ポトシ銀山」です。

今まで、海事あり投資ありの歴史的事件でしたが、今回はトレジャーハント。



長く危険な航海によって持ち帰られた
貴金属や香辛料は 西欧諸国で
莫大な利益を生み出した
時流に乗り急速に富める者が出る一方で
時代の変化に対応しきれず
没落の一途を辿る旧来の金融財閥も
少なくなかった
また 航海で大きな富を得た
イスパニア ポルトガルだったが
皮肉にも航海への度重なる出資が
財政を圧迫していくことになる……



歴史的事件「ポトシ銀山開発」 序章




新大陸への到達後 ヨーロッパ人は
かの地で高度な文明の存在を知る
中米に栄えたメソアメリカ文明と
アンデス山脈に栄えたアンデス文明である
それらは古代文明であるにもかかわらず
ほかの文明と交わることがなく
独自の発展を遂げていた
彼らは高度な石造技術や暦法を持つのに
ヨーロッパで当たり前のものを知らない
当然 資源に対する価値観も違う
豊富な貴金属は彼らには日用品だったのだ
潤沢に産出する金銀と発達した装飾技術に
訪れたヨーロッパ人は色めきたった
そして まことしやかにささやかれ始める
「かの地に黄金郷――エルドラドがある」と
アンデスで勢力を誇ったインカ帝国では
かつての皇帝ワイナ・カパックの命令のため
立ち入りを許されなかった鉱山が
ヨーロッパ航海者の知るところとなる
そこは「ポトシ」と名づけられ
またたく間に採掘が進められていき
大量の銀がヨーロッパに流入した
枯れることを知らない銀の埋蔵量を
目の当たりにしたヨーロッパ人は言う
「きっとこのどこかにエルドラドがある」
彼らの確信は 多くの航海者に夢を見せた
ラウア>時の見せる「夢」が
真実か 偽りか それとも悪夢か……
かの地の真なる姿は 人の心次第……




ラウア>ここが黄金郷となるか 夢の墓場となるか
彼らがケチュアの幸いか 災いか
ラウア>――見届けましょう
それが わたしのさだめなのですから
ヨーロッパ人が次々に新大陸に到達し
豊富な金銀の輝きを目の当たりにして
人々が 夢物語と笑っていた黄金郷伝説が
形を帯びてきました
黄金郷伝説「輝く丘」の調査は
酒場からトレジャーハントのテーマを
選択することで 開始できます
黄金郷への到達 または別事実の解明により
本事件の結末が変わり
世界の趨勢に大きく影響を及ぼすでしょう



と、こんな感じで始まりました、「ポトシ銀山」。

なぜにトレジャーハント?まじっすか…というのが率直なところ。

今までのトレジャーハントって、冒険初心者お断りみたいなところがあったので、

これでやったら、参加者激減するんじゃないの?なんて感じています。



それで、さっそくやってみたのですが…

詳しくはトレジャーハントのところで書きますが、これがまた要求スキルが高い!

高いほうのクエストで、探索R15に財宝鑑定R17に宗教学R13とか。

この3種が優遇の職は、遺跡探索家と博物学者のみ。

あとは、2種優遇なのが、盗賊・芸術家・冒険教官あたり。

ブーストしまくれば、要求されるスキルに達するでしょうが、結構たいへんですよね。

そして、スキル以外にも、発見場所がリマ。

冒険者以外は、あまり関係のない地域ってのもあり、結構遠いイメージありますからねぇ。

これじゃなかなか人も集まらないかも。



それで、最後の報酬の「過客の宝箱」までですが、

難しいほうのクエスト2回と、簡単なほう1回クリアで貰うことができました。

組み合わせは分かりませんけど、これでクリアは可能でした。



ただし、スキルが足りていなくても、歴史的事件は完了可能なんです。

冒険記更新の前段階で、それ以降のピースを破棄し、テーマを破棄。

再度請けなおして、ピースを完成させることで冒険記を新し、

それを繰り返すことで、クエストまで終わらせなくても歴史的事件は終わらせられ、

称号も宝箱も手に入れることが可能です。

他のことを書いていて、記事にするのが遅れてしまったので、いまさらなんですが、

間に合うようなら試してみてください。



例えば

「輝く丘」の☆11の「アマルガム法の解説書」の段階で冒険記更新となります。

このとき、

歴史的事件「ポトシ銀山開発」への介入により(国名)の事件に対する影響力が強まりました
冒険記が更新されました!

と出ますが、この回数を重ねることにより、報酬が得られるわけです。


順に説明すると、

1.☆10「冒険者の手記の一部」ピースを大量に作っておきます。
  ☆10は結構溜まりやすいので、これがオススメ。

2.☆11「アマルガム法の解説書」以上のピースがある場合、すべて破棄します。

3.☆10を2枚と同系統のピース1枚などで☆11のピースを作成し、冒険記を更新します。

4.☆11「アマルガム法の解説書」のピースを破棄します。

5.テーマを破棄します。

6.再度「輝く丘」を請け直します。

7.3からを繰り返します。

僕は2ndはこの方法でクリアしました。

これで前に書いたように、微々たるものですが冒険経験も稼げます。

☆4「密林に隠された都市の噂」~☆6「湖の儀式の噂」を、ぐるぐる回してもよさそうですが、

もしかしたら、必要回数が多くなるかもですね。



明日には期限が来ちゃいますが、今晩だけでクリアは十分に可能です。

まだの方は頑張ってみてください。
 
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する