FC2ブログ

白兵スキルについて(準備編)

2012/12/12 22:02:59 | 冒険者の海事攻略法 | コメント:0件

今回は、冒険者(海事が得意でない人)向きの白兵スキル上げについて。



甲板戦が実装されて以降、相対的に白兵海事の重要性が下がっています。

それは、甲板戦のほうが戦闘時間が短く、安定して経験値を稼げること、

また、混乱白兵などにより拿捕されるリスクが少ないなど、いろいろメリットがあるからでしょう。

しかし、白兵戦が必要ないかといえば、そんなわけはありません。

白兵だけでケリが着くことは少ないですが、

砲撃戦でも、敵に接近したときに白兵戦が起こることは付き物で、

そのたびに撤退するのも無駄ですし、また敵NPCに囲まれていても、

白兵中は砲撃ダメージが少なくなることを利用して、

クリンチのような使い方をしながら、拿捕で敵を減らすことも可能となります。

また、海事や陸戦で、レアアイテムの収奪が楽しめますが、この収奪スキルは白兵戦でしか上がらないため、

甲板戦が主流になっている現在でも、レアハントをする人には、白兵戦は重要であり、

ひいては白兵スキルは必須となります。



●白兵スキルって何?

戦闘中、敵と重なる(近づく)ことにより発生する白兵戦時に使用するスキルです。

白兵戦は、白兵じゃんけんとも言われ、右下のゲージが無くなるまでに行動を決め、

同時にスキルもしくはアイテム使用を出し合い、勝ち負けその他を決めるかたちとなります。

これらスキルを使用しなくても白兵戦をすることは可能ですが、

船員へのダメージに大きく作用するスキルとなります。

白兵スキルには、突撃戦術銃撃防御の4種類があり、個々に特徴があります。

 突撃
  そのターンの攻撃力が大きく上がります(数値は変わりません)

 戦術
  白兵戦中の攻撃力と防御力の数値がわずかに上がります(白兵戦中持続します)

 銃撃
  白兵戦中の敵の攻撃力と防御力の数値をわずかに下げます(白兵戦中持続します)

 防御
  そのターンの防御力が大きく上がります(数値は変わりません)

また、これらは4すくみの関係になっていて、

突撃戦術銃撃防御突撃

となっています。

例えば、

戦術を使った敵に突撃を使っていれば、大きなダメージを与えることができますが、

逆に防御を使った敵に突撃を使っていれば、大きなダメージを負います。

このとき、じゃんけんの勝ち負け以外であっても、スキルの効果はあらわれます。



●白兵4スキル以外に必要となるスキル

白兵戦をするにあたっては、上記の4スキル以外にも、重要となるスキルはあります。

  ☆白兵戦の攻撃力は、船長の装備攻撃力、船員数、剣術スキルランクなどによります。

  ☆白兵戦の防御力は、船長の装備防御力、船員数、応急処置スキルランクなどによります。

そのため、剣術スキルや応急処置スキルは、白兵戦をするにあたって非常に重要であり、

ほぼ必須と言って間違いありません。

剣術
 白兵時の攻撃力以外にも、陸戦の近接武器の攻撃力にも関係します。

応急処置
 白兵時の防御力以外にも、宝箱などの罠の被害を防ぐ効果があります。

収奪
 敵船拿捕時に発生する収奪時に必要となるスキルで、
 白兵の醍醐味ともいえ、収奪目的に海事をしている人も多くいます。
 収奪は、甲板戦や陸戦の終了時にも発生しますが、それでは熟練が入らないため、
 白兵戦で上げる必要があります。

接舷
 白兵戦を開始するときに、少々離れた場所からでも白兵開始できます。
 スキルにランクが無いため、不必要なときは切ればよいですが、
 白兵するにあたっては、ほぼ必須といえるでしょう。
 ラム装備のNPCと戦う場合、ダメージの回避ができる場合があります。

操舵・漕船
 操舵があれば、舵が効きやすくなり、戦闘は格段に楽になります。
 漕船はガレー専用ですが、ガレーには必須となります。
 これらは、戦闘だけに関わらず、移動にも重要になってきます。



●白兵スキルって何を取ればいいの?

白兵4種のスキルは、海事を本気でやるのであれば、全部持つのが普通でしょうが、

冒険メインでやっている冒険者がすべて持つのは厳しいでしょう。

そこで、何を取れば良いか考えてみましょう。

突撃
  使用ターンの攻撃力が上がるので、戦闘を有利に運べる場合が多くなります。
  戦闘時間が短くなり、NPC戦闘で一番使いやすいですね。
  ランクが上がると敵を倒しやすくなるので、熟練稼ぎがたいへんになってきます。

戦術
  攻撃力と防御力の数値が上がるので、使ってみると分かるのですが、
  案外使い勝手のよいスキルでもあるといえます。
  ただし、決め手に欠ける側面があり、突撃などに繋げるのに有効でしょう。
  突撃を多用するNPCも多いのでカウンターに注意が必要です。

銃撃
  敵の攻撃力と防御力の数値を下げる効果があるのですが、
  他の方法で押し切ったほうが早い場合が多く、
  白兵スキルとしては使いどころの難しいスキルと言えます。
  しかし、陸戦武器の銃の攻撃速度がこのスキルに依存するため、
  そちらを使用する場合は必須といえます。
  白兵スキルにはめずらしく、陸戦で上げることも可能です。

防御
  使用ターンの防御力が上がるのですが、防御している暇があったら攻撃したほうが、
  ずっと早く戦闘を終了できます。
  しかし、敵に与えるダメージが小さいことから、
  逆に戦闘を長引かせたい場合は、これが重要になってきます。
  副官スキルの積荷強奪による収奪を行う場合、積荷強奪の発動機会を多く得るために、
  戦闘時間を長くしたほうが有利となります。  
  また、白兵時間が長くなることから、熟練が得やすいという側面があり、
  何でもよいから白兵スキルを上げたいならば、一番上げやすいスキルともいえます。

こんな感じで、各スキルには特徴があり、自分の戦い方や、今後の展開、

そして割けるスキル枠により、取るべきスキルを選択しましょう。

ガンガン行きたいなら突撃、スキル枠に余裕があるなら、突撃+戦術

あたりがオススメです。



●スキル上げ時の職業

上げるべき白兵スキルを選んだら、次は実践です。

もちろん優遇職で上げるべきなのはあたりまえですが、

なるべく2種以上のスキルが優遇となるような職にすると便利です。

剣術、応急処置、収奪、操舵、漕船などは自動的に熟練が入りますし、

外科、修理、救助、統率などは、よく使うスキルなので上げておいて損はありません。



●スキル上げ時の装備

スキルランクは、学問でも取引も、何でも高いほうが効果が高いのは当たり前。

装備や大砲についても、攻撃力や防御力が高いほうが強いのも当たり前。

しかし、砲撃・白兵とも、スキル上げをレベル上げと絡めない場合に関しては逆になります。

例えば、攻撃力が高い武器を装備し、こちらの船員たくさんの船に乗り、

船員10人の敵船と白兵をするときを考えてください。

こちらの攻撃により、1撃10人以上にダメージを与えれば、一発拿捕になります。

しかし、1撃9人以下へのダメージであれば、2回攻撃しないと拿捕できません。

ということは、9人へのダメージであれば、拿捕するまでに2回分熟練が入ることになります。

白兵に至るまでには、索敵⇒移動⇒接敵(戦闘開始)⇒移動⇒白兵戦 という

プロセスを踏む必要があり、移動がネックになることも多くなります。

そのため、なるべく長く白兵しているほうが効率的といえます。

ということは、戦闘時間を長くするために攻撃力をなるべく低くし、

自船の船員をなるべく減らさないように、防御力は高くし、

同じく攻撃力を上げないように、スキルブーストは付けないほうがよいでしょう。



●スキル上げ時の副官スキル

まあ、ほんの一例ですが、オススメ副官スキルを。

妨害
 白兵時に一番気を付けたいのが、轟音弾の使用による混乱です。
 混乱したまま白兵終了し、統率できないまま次の戦闘開始(混乱白兵)というのが、
 一番避けたいパターンではあります。
 轟音弾を使用されたとき妨害があると、数回に1回は敵のアイテム使用を妨害してくれます。
 100%には程遠いですが、多少は軽減されます。

防火
 火炎弾を使用してくる敵に対しては防火が有効です。
 普段は火災災害を防止するスキルですが、出火した火も消してくれるため、
 結構使い勝手が良かったりします。

積荷強奪
 白兵スキルとは直接関係ありませんが、積荷強奪が発動すると、
 その際に収奪スキルの熟練度も入ります。
 普段は白兵終了時にしか入らない熟練が、白兵中にも入るため、
 これを持っている副官がいて、収奪スキルも持っているならば、
 優先的に付けておきましょう。



こんな感じで、今回は、白兵スキル上げの前段階を書いてみました。

次回は、この続きの実践編を書きます。
 
 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する