FC2ブログ

今日も撃沈

2012/09/08 01:58:39 | うなぎ釣り | コメント:0件


今日は(昨日になったけど)、前々から気になっていた漁港に、うなぎ釣りに行っていました。

漁港と言っても、ほとんど船溜まりのようなところで、小さい荷揚げ施設があるぐらいの場所。

小さな河川の河口付近にあります。



ここで、気になっていた場所は、漁港と、堤防の裏側にある池。

ポンプ施設もあるので、多分この付近は海面より低く、大雨のときなどに内水を排水するための

池だと思うのですが、どこかで海と繋がっているような雰囲気があります。

また、カニやウナギを取るために石を積んであったりするので、ここは狙い目だと思っていました。



そんなわけで、無理やり定時で仕事を終えて、大急ぎで釣りエサ屋へ。

今日の釣り場は決まっていましたが、一応他の場所のことも知りたかったので、

ここで情報を仕入れて行こうと思っていました。

僕「このあたりで、うなぎの釣れる場所ってどこかありますか?」

店「○○川なんかええんとちゃう?」

僕「すると○○川のどのあたり?」

店「うーん・・・うなぎ釣る人は、みんな自分の場所を持ってるからなぁ」

僕「どこか知りませんか?」

店「釣れるかどうかわからへんでー」

僕「・・・・・・」

僕「では、エサは何がよろしいの?」

店「みんな、アケミ貝使ってるよ」

僕「アケミ貝って、エサ持ち悪くないですか?(うまい付け方教えてもらおうと)

店「エサ持ちって何?」(はぁ・・・って感じで)

僕「いや、落ちやすくないですか?」

店「そんなら青イソメでええんちゃう?」

僕「・・・・・・」(こりゃダメだわ)

ここ利用するの、ほんっとに久しぶりでしたが、よくよく思い出すと前からこんな人でしたw

知り合い以外には、めっちゃ愛想悪いんだったww



それでもエサは確かです。

さすがエサ屋のは釣具屋のと全然違うw

すっごい太いし、イキがいいですから。



そして車を走らせ現地に到着。

そんなに遅い時間でもないのにもう日が傾いてて、こんなに暑くても秋なんだなぁと思いました。

リール竿を3本準備をして、日の入りまでに何とか投入完了!

かなり暗くなって、一息付きながら、そろそろいい時間かなーと思っていたら、

一羽の白鷺がすーっと降りてきて、池の真ん中にふわりと・・・着地!!

「着地!?」

なんか投げたときの感触というか音がおかしかったんですよ。

どうやら、足元こそ水深はそこそこありそうですが、真ん中あたりは水深5㎝ぐらい。

糸を巻き取ってみると、ある程度水深のありそうな範囲は10mぐらいしか無さそう。

それも藻だらけで、糸もオモリも緑でドボドボ・・・。

これはいかーん!と速攻で漁港側に退去しました。

後で考えたのですが、大雨時に排水するための池ですから、浅いに決まってますよね。

けど、魚はかなり跳ねていたし、石を積んでいる人もいるぐらいなんで、魚影は濃いのかもしれません。



漁港側に移ったときには、もう真っ暗。

対岸では、セイゴ釣りの人たちが賑やかにやっていました。

こちらは池のほうとちがって広いので、まずは竿を3本投入し、次いでペットボトル4本も使用。

そのうち、ぱたぱたっとペットボトルが連続で倒れ、

上げてみると、ちっちゃいセイゴ(スズキの子)とハゼ。



ピンボケw

このあとハゼが8匹・・・すべて足元でした。



そのうち、エサが心細くなってきました。

今日の満潮が21時頃だったので、青イソメ2杯あれば十分だと思ったのですが、

何しろ太くてでかいので、数が少ないんですよね。

なので、釣れたハゼはリリースせずにエサにすることに決定。

ナイフも包丁も持ってないので、手で頭をちぎって手開きにして、半身ずつ使用。

あんまり気分のいいものではありませんね・・・。



そうこうしているうちに青イソメ終了。

アタリも止まり満潮時刻。ここで終了にしました。

若い頃なら下げ三分まで待ったりしてたんですけど、体力も気力も続かんw

エサになったハゼには、何も来ませんでした・・・。



今日も撃沈という結果になりました。

家からちょっと遠いながらも、結構広くて釣りやすいし、良い場所なのですが、

これがうなぎとなると、本当にいるのか分かりません・・・。

時間も短いので、一度でダメという結果は出せないのですが、どうにも自信がありません。

ほんと上手くいきませんねぇ・・・。
 
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する