FC2ブログ

飛騨高山紀行~町並編

2007/01/29 19:39:59 | ふつうの日記 | コメント:0件








この土日は、実家の父母と、離れて住んでいる弟、嫁さんと子供2人、そして僕の大所帯で、
岐阜県の高山市に旅行に行ってきました。

高山はすごい雪だろうから、長靴を持参しようか、厚い上着を買おうかなどと、
嫁さんはずいぶん悩んでいたようですが、僕は仕事がものすごく忙しかったこともあって、
用意は全部嫁さん任せ・・・。
子供たちの服装は、かなりの重装備になりましたが、僕はかなりの軽装備。
まあ、普段から厚着しない主義なので、服が無いだけなんですけどねw




高山駅に降り立ち、まず思ったこと。
「寒く・・・ない・・・」それと「雪が・・・無い・・・」
今年は暖冬ということで、ものすごく雪が少ないそうなのですが、
それでも気温は5℃ぐらいなので、もっと寒くてもいいはず。
ずいぶん前に、高山出身の人から、三重のほうが寒い、空っ風が吹くから・・・ということを
聞いたことを思い出しました。
どうやら、高山市は盆地ということで、風が吹かない地域らしいです。
先週の金曜日の三重県の気温が、約10℃。
それでも、ガクガク震えながら仕事していたんですから。
まあ三重県中部は、日本最大規模ともいわれる風力発電所があるくらいの場所ですからねぇ。
雪はほとんど降りませんが・・・。



そんな肩すかしを受けながら、遅めの昼食を取って、
「古い町並」に向かいました。







ここは3本の道からなっていて、古い町並を活かした観光地となっています。
格子のある窓と排水路が特徴で、狭い道路沿いに店が建ち並んでいます。
お土産屋さんだけでなく、工芸品屋さん、酒屋さん、食べ物屋さんなどがたくさんありました。

屋根の上には雪が残っていて、壁の黒や濃い茶色とのコントラストが美しかったです。
そんな中に、見たことのあるロゴが!





ファミリーマートなんですが、いつもの緑と水色がありません。
ここも、茶色を基調とした落ち着いた色合で、町並に溶け込むようになっていて、感心しました。



・・・だけど看板にだけ、例の色を使っていたので、ニヤリとしました。



夕方になって、子供たちが疲れてきたので、旅館に向いました。
旅館は市街地から少し離れた山の上にあって、市街が一望できました。
母が奮発して、結構良い旅館を取ってくれたので、お部屋も最高でした^^





夕飯前に、上の子が「雪遊びがしたい」と言い出したので、
中庭で、雪合戦と雪の滑り台を堪能して、雪だるまを作りました。
年末に降った雪が残っていて、それを使って滑り台を作ってくれてありました。




本体だけ手伝って、後は任せてやると、自分で枝を拾ってきて、手足や顔を付けていました。
ボタンが付いているのが笑えます。雪だるまも、何だか笑ってるようにも見えるでしょ^^

そんなこんなで、夕食を食べて、お風呂タイム。
みんなで露天風呂に入ってきました。
夜になって、雪がチラチラしてきた中での露天風呂は、なかなか風情がありました。
壁一枚挟んだ向こうは女風呂で、娘の「んぎゃー」という叫び声がこだましていましたが・・・。




こんな一日目でした。
二日目と、食べ物関係のお話は、明日以降に続きます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する