FC2ブログ

チキンラーメンどんぶり 担々ごまラー油

2018/03/23 21:00:00 | カップ麺 | コメント:2件

今回のカップ麺は「チキンラーメンどんぶり 担々ごまラー油」です。

お医者さんに、毎日カップ麺食べるのは止められたので、久々のカップ麺記事です。

そんなこともあり、商品自体は結構前から買ってあったのですが、

やっと食べることができました。



さてこのチキンラーメンどんぶり 担々ごまラー油ですが、公式HPによると、

日清食品の創業者・安藤 百福 (あんどう ももふく) が発明した世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」は、2018年8月25日に発売60周年を迎えます。また、袋麺のロングセラーブランド「出前一丁」は、2月12日に発売50周年を迎えます。そこで今回、「チキンラーメン」と「出前一丁」のアニバーサリーを記念したコラボレーション商品「チキンラーメンどんぶり 担々ごまラー油」を発売します。

とのこと。

60周年と50周年の記念コラボ商品なわけですか。

どちらもガチ正統派の王道ですから、これは期待が膨らみます。



IMG_6240.jpg


パッケージの雰囲気は、双方がしっかり分かるようなデザインをしています。

出前坊やが、ひよこをおんぶしてて、かわいいですね。



IMG_6241.jpg

小袋は2種。

担々ペーストと、ゴマラー油。

どちらも後入れになっています。



IMG_6245.jpg

こちらが、湯を入れて3分経った状態。

そこに担々ペーストを投入しました。

ペーストは重いので、沈んでしまい、何の写真か分からなくなっていますね。



IMG_6248.jpg

しっかり混ぜて出来上がり。



では、いただきます。



スープの基本は、チキンラーメンになっています。

そこに、担々麺のテイストをプラスしているのですが…

んー?出前一丁はどこに行ってしまったのでしょうか?

まったくと言っていいほど、出前一丁が前面に出てきていません。

担々麺自体が、ゴマ油で作っていますから、ここにゴマラー油を入れても、味が浮かんできません。

まあ、不味くはないのですが、なんていうか期待してたのと方向が全然違いました。

なぜ、素直にチキンラーメンと出前一丁を合わさなかったのでしょうか。

そもそも、チキンラーメンと出前一丁のどこに担々麺が関係しているのでしょうかねぇ…。



麺については、チキンラーメンのものとなっています。

これについては、文句ありません。

このコシのない麺が、チキンラーメンなんですからね。



かやくは、ミンチ肉、ネギ、赤唐辛子、いりごま。

肉は、なかなか美味しかったです。

かやくについては、特に問題ないというか、普通でした。



うーん。

何が似てるか、食べながらずっと最後まで考えていたのですが、思い出しました。

先月紹介した、「出前一丁 辛辣XO醤海鮮味 」に方向性が似ているんです。

そもそも発売日も直近ですし、この商品も50周年記念商品でしたからねぇ。

→出前一丁 辛辣XO醤海鮮味 の記事

この、「コレジャナイ感」が、すっごく似ているんですよね。

なぜ、この王道商品の記念商品で、担々麺を持ってきたのでしょうか。いろいろ謎です。

僕は、もう買うことはないでしょう。



スープ・ソースの味 ★★☆☆☆

麺の美味しさ ★★★★☆

ボリューム感 ★★★☆☆

満足度 ★★☆☆☆

総合 ★★★☆☆

あくまで僕の個人的な感想です。(★3が普通です)


スポンサーサイト



コメント

2018/03/24(土) 20:12:08 | URL | sarukitikun #-
チキンラーメンは私は揚げている麺が駄目だったのでこちらもかなり厳しいと思われます(^_^;)

出前一丁は台湾ではナンバーワンのインスタント麺です〜(^o^)丿

Re: タイトルなし

2018/03/24(土) 21:45:55 | URL | 大暗黒天. #-
> チキンラーメンは私は揚げている麺が駄目だったのでこちらもかなり厳しいと思われます(^_^;)
>
> 出前一丁は台湾ではナンバーワンのインスタント麺です〜(^o^)丿

出前一丁って、海外でかなり人気が高いようですね。
今回のは、その出前一丁の良さが消えてしまっているのが残念でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する