FC2ブログ

公園が…消えた? 1 ~ 津市錫杖湖畔キャンプ場 ふれあい公園

2018/04/06 21:00:00 | 三重県中南勢(遊具公園) | コメント:2件

三重県中南勢遊具公園を紹介する企画、第7回は番外編。

津市錫杖湖畔キャンプ場 ふれあい公園です。


IMG_6470.jpg

ここは津市が管理している施設で、公園はふれあい公園として併設されています。

三重県一大きいローラー滑り台があることで有名で、

うちの子供たちも、とても気に入っていた公園でした。

安濃川の上流にある、安濃ダムのダム湖である錫杖湖に面して宿泊施設があり、

キャンプ場も整備されています。



しかし、いつもと雰囲気が違います。

あれ?休日なのに、子供がいない?

駐車場に車を停めて歩いて行くと…



IMG_6467.jpg

えーーー!!!

使用中止?



そして、階段を上がって行くと…



IMG_6469.jpg

ここがローラー滑り台の終点だったのですが、滑り台が消えています。

えーーー!!!

この斜面に滑り台が設置されていたんです。

チビさんもガッカリ。すっごく楽しみにしていましたからねぇ。



まあ、ここはローラー滑り台だけがウリではないですからね。

この階段を上った先に、結構いろんな遊具があるんですよ。

IMG_6479.jpg

結構しっかりとした階段を上り、



IMG_6477.jpg

その先は坂道になっています。

かなり急です。



IMG_6472.jpg

ここが、ローラー滑り台の出発場所でした。

かなり人気のある滑り台だったんですが…。



IMG_6473.jpg

坂道を上りきったところにあるのが東屋。

そして、その先には…



IMG_6474.jpg

なんだこれ?

コンクリート製の、しょぼいゾウさんの滑り台がポツンと…。

えーーー!!!

チビさんも半泣きです。いや、涙出てました

少し前までは、ロープスライダーとか、ブランコとか、いろんな遊具があったんですよ。

それが全部撤去されていました

これは知らなかったので、僕もショックでした。唖然としました。






実はですね、津市の公園の遊具がごっそり撤去されているのって、ここだけじゃないんです。

どうやら津市は、各地の公園について、維持管理はすれども修繕はしないという考えのようですね。

人気のある公園だけは、更新というかたちで、遊具を維持しているようで、

少しでも人気のない公園は、古くなれば撤去するというかたちを取っている模様です。

安全性という名の下に、合致しないものは撤去すればいいのですから、簡単ですよね。

そして、大規模な新しい公園を作り、そこに予算を重点投資しているみたいです。

要するに、親は車に子供を乗せて、遠くの大規模な公園にまで行けということですよね。

まるで、子育て世代のことを考えていないですね。こりゃ。

また、少し大きくなった子供たち同士が、集まって遊ぶ場所を取り上げちゃうんですから。

子供たち、どこで遊べばいいんでしょうか?



その答えは、親なりに持っています。

新興住宅地にある、開発会社が運営している公園で遊ぶしかないんですよ。

でも、そういう公園って、そこの住宅地のためのものですから、

親同士も縄張りがあって、特にお母さんだと入っていけないんですよ。

僕は、男親なので気にせず入っては行けますが、

やっぱり遠慮しながら使わせてもらっています。

学校で遊ぶ?

いや、土日は学校は閉めてしまっていることが多いんです。

休日に事故があったら、誰が責任取るの?という論調ですよね。

公園の遊具で子供が怪我したら誰が責任取るの?というのと同じですよね。

そんなおかしな風潮の中、行政ばかりを責めるのは間違いだと思いますが、

この撤去するばかりの方針は異常だと思いますよ

予算が無いのは分かりますが、求めているのは集中投資だけじゃなく、

合併前の町村が、昔どおりに維持されていくのも重要ではないでしょうか?



スポンサーサイト



コメント

2018/04/07(土) 07:45:55 | URL | sarukitikun #-
悲しいですね〜これじゃ子供も増えないわけですよね、子供に対しての投資をしてないって事ですから((´ロ`)

Re: タイトルなし

2018/04/07(土) 21:32:25 | URL | 大暗黒天. #-
> 悲しいですね〜これじゃ子供も増えないわけですよね、子供に対しての投資をしてないって事ですから((´ロ`)

「子供に対しての投資」なるほど、子供に対して投資していないですか。
まったくそんな感じですねぇ。
これからどうなって行くのでしょうか…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する