FC2ブログ

父の命日でお墓参りに行ってきました

2019/01/14 21:00:00 | ふつうの日記 | コメント:4件

今日は3年前に亡くなった、父親の命日です。

父が亡くなって、早いものでもう3年も経ったわけで、

家族みんなの心の整理もしっかり付いたと思います。



この3年で僕の何が変わったかというと、

母親や、叔父叔母のことを大切にするようになったことですかね。

父が入院中でも、忙しさにかまけて、なかなか付き添いなどもできませんでしたし、

行ったとしても、話などほとんどしませんでしたからねぇ。

それが心のどこかに引っ掛かっていて、母親や、叔父叔母のことを大切にするように

なったように思います。



父の兄弟は、すべて他界していますし、残っているのは母方の叔父叔母たちのみ。

少し前に、従弟の一人が、父親(僕から見て叔父)に、強く当たるのを見て、

「親を大事にしないと、絶対後悔するぞ」と、意見することもありました。

そんなこと意見するような人間じゃなかったんですけどね。



父が亡くなって3年、心の整理はしっかり付いたのですが、

もっと話しておけばよかったとか、優しくしてあげればよかったとか、

考えることもありました。

口数の少ない、静かな人だったし、男同士のテレもありましたから、

なかなか話をする機会もなかったんですよね。

病室に泊まり込むことになったのも、意識が混濁してからでしたから、

最後の話もできませんでしたしねぇ。



ohakamairi_man.png



去年の命日は、三回忌がありましたし、

法要の何もない命日は今年が初めてで、余計に何か考える時間があり、

弟とも、父はどういう人物だったのかと、話していました。

口数も少なくて、表に出たがらない人でしたが、堅実で優しい立派な人だったんですね。

存命中は、そこまで考えたことすらなかったなぁ。



スポンサーサイト



コメント

2019/01/15(火) 19:52:32 | URL | 今から #-
スーパーオーディナリーですね。
日々の暮らし、今までやってきたこと、歴史・・。
普段、普通過ぎて特に気を使っていないけれど沢山の積み重ねてきた行動や選択。
私も、何一つ築き上げてきたものなんてないけど、その因果関係の結果としての現在の姿を
この頃少し肯定できるようになってきたと感じています。
そして、今までを振り返って少し周りが見えてきたというか、自分だけでなく周りにも目を向けられるようになってきた感じもします。
40代。人生の折り返し地点辺りなのかもしれませんね。
人生の黄金時代を迎えるにあたって、もっと頑張らなくてはとこの頃いつも思っております。

今から さん

2019/01/15(火) 20:55:14 | URL | 大暗黒天. #-
> スーパーオーディナリーですね。
> 日々の暮らし、今までやってきたこと、歴史・・。
> 普段、普通過ぎて特に気を使っていないけれど沢山の積み重ねてきた行動や選択。
> 私も、何一つ築き上げてきたものなんてないけど、その因果関係の結果としての現在の姿を
> この頃少し肯定できるようになってきたと感じています。
> そして、今までを振り返って少し周りが見えてきたというか、自分だけでなく周りにも目を向けられるようになってきた感じもします。
> 40代。人生の折り返し地点辺りなのかもしれませんね。
> 人生の黄金時代を迎えるにあたって、もっと頑張らなくてはとこの頃いつも思っております。

スーパーオーディナリーは、超平凡ってところですか。
さすが詩的ですねぇ。
いつも思いますが、今からさんは、日々の事柄の切り口や、いろんな考え方が独特ですよね。
詩、それも歌詞の才能あると思うので、ブログにたくさん書いてみてはいかがでしょう。
人生の糧のひとつになるかもしれませんよ^^

すみません;;

2019/01/15(火) 21:39:32 | URL | 今から #-
すみません。
実は、「スーパーオーディナリー」は馬場俊英さんの歌の題名なのです・・。
上のコメントの98%位は馬場さんの思想に影響されていると思います^^;
馬場俊英さんの歌は、歌詞が多くて最初はお経みたいな歌だと思ってたんですが
よく聞いてみると、本当に独特の切り口で、それでいてとても共感出来るところが大きくて
とても影響を受けているのです。
初めは、紅白出た後に母が買ってきてくれた、「青春映画が好きだった」というアルバムから聞き始めたのですが、
その後出たアルバムは殆ど買っていたり、ダウンロードしたりで大体は網羅しているつもりです。
特に好きな歌は、何度も噛みしめるように聞いたり歌ったりしているんですよ。
その歌達や実生活から、今の自分の考えみたいなのにつながっていて、ひとつの思想(?)みたいなのになっていきつつあると思っているんです。
その他にもこの頃、良いと思った考え方は自分の思想に取り入れるようにしていて
日々の自分を肯定的に受け入れられるようにと勉強しています。
(10代から40代始まるまでは自分を中々肯定できていなかったので;;)
まるで、40年蝉、若しくは40年寝太郎の様です><。

馬場俊英さんの歌、古臭く、昭和臭い歌詞と感じるかもしれませんが、とてもお勧めですよ。
この頃は、YOUTUBEの大愚和尚の動画とかも参考にしています。
もちろん、真っ向から信じるような見方はしていなくて、半信半疑で、共感できるなという所のみ「ああ、そうなのか」と思う程度ですがね。

最近、お金とか数字とか飛び交う時代になってきてると思いますが
この方たちの影響も受けて、人の心を大事にしたいという気持ちが自分の中で、結構強まって来ているんです・・。

今から さん

2019/01/15(火) 23:52:44 | URL | 大暗黒天. #-
歌の題名だったのですね^^

でも、普段の文面や考え方などが詩的なので、ずっと歌詞に向いていると思っていました。
ポエムとかそういう意味じゃなく、あくまで歌詞として書いてみるのも良いんじゃないでしょうか。
今からさんに合うと思いますよ^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する