FC2ブログ

台風10号の進路が心配です

2020/09/05 21:00:00 | ふつうの日記 | コメント:6件

記録的被害をもたらす可能性がある台風10号が、だんだん日本列島に近付いてきました。

この台風10号、ハイシェン(Haishen / 海神)という名前が付いていて、

名前からして、かなりヤバそうな雰囲気を持っていますね。

メディアでは、スーパー台風という呼称で報道され始めています。



鹿児島県の離島からなる十島村と三島村は、避難を希望する人を、

鹿児島市のほうへ、自衛隊のCH-47チヌークを使って避難させました。

台風での島外避難というのは、個人では時々に行われているでしょうが、

今回のように自衛隊が協力した、大々的な避難は珍しいのでしょうね。

台風に慣れた地域でも、このような対応を取るのですから、

あちらの自治体や住民は、相当な危機感を持っていることでしょう。



さて、昨夜の進路では、九州の西の海上を進むとされていましたが、

少し進路が東に寄ってきたことが心配です。

大被害を受けている、熊本県の球磨川流域など、護岸の被災がまだ復旧されていなかったり、

仮復旧程度だったりという場所が、数多く存在していると思います。



また、今回の台風では、中心気圧が非常に低いので、高潮がとても心配されています。

気圧の低下による海面の吸い上げ効果で潮位が上がり、そこに暴風による吹き寄せが

重なった場合は、記録的な高さの潮位になる可能性が指摘されています。

高波と同じようなものと混同されそうですが、どちらかという津波のように、

大量の海水が長時間流れ込む可能性があるのが高潮です。



全国的に、行政によって、ハザードマップの作製が進められています。

現在、洪水・土砂災害・津波のものが、配布されているところが多く、

そこに高潮のものも作成されつつあります。

三重県ではつい先日、高潮ハザードマップが公表されたと新聞に載っていました。

これは全国的に遅れているようで、今回の台風には間に合いませんでした。

三重県の高潮ハザードマップでは、津波被害より大きい被害が想定されているものの、

多くの地域の場合は、津波のハザードマップが利用できる場合もあるでしょう。



今年は、日本近海の海水温度が異常に高いことから、

今回の台風10号のような台風が、まだまだ発生する可能性があります。

海沿いに住んでいる人は、洪水だけでなく、高潮の被害も想定して、

早め早めの避難を考えたほうがよいと思います。

同じく、山沿いに住んでいる人は、洪水だけでなく、

土砂災害の危険性を十分に理解する必要があります。



普段から、ハザードマップをしっかり読み込んで、

どこが危険なのか、どういう時が危険なのか、どこに逃げればよいのか等、

家族で話し合っておくべきでしょう。



shizensaigai_typhoon.png


スポンサーサイト



コメント

2020/09/05(土) 21:11:53 | URL | poe2har #-
温暖化が進むとどうしても台風も強力になりあmすよね...
スマホをどんどん進化させるより、台風を弱める研究できないですかねぇ...

2020/09/05(土) 22:26:53 | URL | 今から #-
規模も勢いも、今までに無いと報道されていますよね。
とても心配です。

2020/09/06(日) 14:16:56 | URL | きちにしき #-
凄い台風が接近してるようで心配です(>_<)
最近の日本は豪雨も多いし、気候変動のせいで
自然災害が多くて怖いですね。
なるべく被害が少ないと良いけど…

poe2har さん

2020/09/06(日) 23:26:38 | URL | 大暗黒天. #-
台風を弱める研究は、アメリカで戦後ぐらいからやっていたみたいですね。
台風にドライアイス撒くとか。

今から さん

2020/09/06(日) 23:27:41 | URL | 大暗黒天. #-
ほんと強い台風ですよねぇ。
被害が少ないといいのですが。

きちにしき さん

2020/09/06(日) 23:28:54 | URL | 大暗黒天. #-
ほんと自然災害多いですよねぇ、
今後、スーパー台風と呼ばれるのが、増えるのでしょうか・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する