FC2ブログ

年末に作ったバラハムを、家族で食べてみました

2021/01/03 21:00:00 | 燻製 | コメント:2件

年末に作ったバラハムですが、今年はお正月に食べることにしました。

少し熟成日数が増えましたが、まあ冷蔵庫に入ってますし、

そもそも保存食ですから大丈夫でしょうと考えました。



バラハムは、バラ肉をハムにしたものです。

バラ肉は、ハムにせずに、ベーコンにすることの多い部位ですが、

普段流通している自家製ハムにも、ベリーハムというものがあります。

ベリーハムは、脂身を削ぎ落したバラ肉を巻いて、筒状にしてハムにしたものですが、

バラハムは、脂身があるまま、ハムにするという違いがあります。



IMG_0258.jpg

料理に使わない限り、分厚くスライスして食べさせています。



IMG_0256.jpg

断面はこんな感じ。

市販のもののように、きれいな色が出ていませんが、自作だとこのような色になります。

市販のものは、発色良いように亜硝酸Naなどの添加物を使っていますが、

そういったものは、当たり前ですが一切入っていません。

また酸化防止剤も入っていないので、長持ちもそんなにしないでしょうね。

ただ今回は、冷蔵庫熟成8日で食べていますが、何も問題なく食べられました。

10日ぐらいでも問題なさそうです。



IMG_0263.jpg

バゲットの薄切りに挟んで食べました。

少しマヨネーズと、辛子を付けています。

ローズハムに比べ、脂身が多いのですが、とても柔らかにできていて、

食感はこちらのほうが良いかも。

また今回は、燻製中に脂から出る油が多いと思って、最初からしっかり油対策を考えて、

スモークウッドの上に直接油が掛からないように考えて、アルミホイルでフタをしました。

雰囲気的には、落しフタ。

それが功を奏したようで、適度な燻製具合になったようです。

今回の燻製は、家族特に長男に好評で、すっごく喜んでもらえました。

すごい勢いで消えていくハムを見ていると、ほんと嬉しいですねぇ。



燻製って、煙にしっかりと燻されて、ガッチリしたものを求めていたのですが、

今回は落しフタをしたことにより、実は少し燻製が弱く感じていたんです。

しかし出来上がりは、かなり好評で、今まで言われなかったですけど、

燻製臭が少し強かったことに気づきました。

ハムの場合は、後からボイルするので、燻製臭は弱まるのですが、

それでも少し強かったのでしょう。

これが今回の反省点というか、気付いた点ですね。



うちの燻製器は「温燻」ですが、魚の燻製などに使う「冷燻」は、

直接下から煙を当てるのではなく、別の燻製室から流れてきた煙に当てて、

燻製するものです。

僕は今まで、直接煙を当てることが正しいことのように思っていたのですが、

ここまで美味しいものができたこともあるので、考え方を変えたいと思います。

次回からは、落しフタのように、アルミホイルのフタを、

直接スモークウッドの上に置いて、燻製することにします。



バラハム、初めて作りましたが、とても美味しいものができました。

香辛料の量も適量で、塩抜きも過剰なほど・・・放置しただけですけどw

味が薄くなるかと思ったのですが、そうでもありませんでした。

今回、いろんなヒントがあって、経験値がたくさん得られたように感じました!


スポンサーサイト



コメント

2021/01/05(火) 09:09:35 | URL | poe2har #-
を~、これは凄いバゲットサンドですね!
市販品では考えられない豪華感があります♪

poe2har さん

2021/01/05(火) 22:22:51 | URL | 大暗黒天. #-
美味しい美味しいとバクバク食べてくれました。
なかなか上手くできたと思います^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する