FC2ブログ

最初からびっくりし続ける うどん屋さんに行ってきました ~ いなばや

2021/01/31 21:00:00 | 三重県中南勢(お店など) | コメント:6件

減量開始前ですが、松阪市でびっくりうどんの愛称で知られる、

うどん屋さん、「いなばや」に行ってきました。

僕が子供の頃に、父親に連れられて行ったことがあったのですが、

その当時から、かなりボロいイメージのお店でした。

それが、現在は・・・

IMG_0558.jpg

多分、子供の頃に連れて行ってもらったのは、小学校低学年の頃だったので、

今から40年ほど前でしょうか。

記憶の中と、あまり変わっていない! これにはびっくり。

なかなかすごい感じのお店でしょ。こういうお店、ほんと減りましたよね。



こちら、若い頃に、自分で来ようと、何度もチャレンジしたことあったのですが、

一度も見つけることができずにいて、もう閉めているものだとばかり思っていたのですが、

この情報化時代、スマホでちょっと調べてみたら、なんとまだ残っているんですね・・・。

これは行かねば!と、嫁さんと二人で、行ってみることにしました。



IMG_0570.jpg

この看板にも、歴史を感じさせます。



IMG_0561.jpg

店内は、お客さんでいっぱい!

何とか相席で座らせていただきました。

客層は、ほとんどが、おじいちゃん、おばあちゃんかな。

お店のおばちゃんの対応から見ると、顔見知りばかりという感じで、

ガチでアウェー感がバリバリでした!



IMG_0569_20210131073234ee6.jpg

そのアウェー感を引き立てるのが、「何しましょ」と注文を聞かれるところ。

え・・・メニュー無いやん・・・。

と、嫁さんとぐるりを見回すと、壁に小さくメニューが掛かっているのを発見して、

二人して『天ぷらびっくりうどん』を注文。

すると、「濃いの薄いの?」と聞かれます。

えーっと、どうやら汁の濃さが選べるみたい。

嫁さんが、「濃いの」と選んだので、僕も濃いのに決めました。

アウェー感バリバリで、いろいろ想定外です。ほんとびっくり。

因みに、お店のお客さんは、ほとんどの人がカレーうどんを食べていました。



IMG_0562.jpg

さて来ました。

『天ぷらびっくりうどん』です。

いかにも、昔の食堂って感じの風情がありますね。

天ぷらは、後乗せタイプのようです。

おむすびは、「サービスだよ」と出されました。すばらしい。

ゆでたまごをサービスに出されている人もいました。



IMG_0567.jpg

これがびっくりうどん。

大盛がめずらしくない昨今であっても、これはかなりデカい!

デカい揚げと、デカい麩が入っています。

汁は濃いですけど、いかにも大阪風といった感じです。



IMG_0564.jpg

一応、ハンドスケールを。



IMG_0566.jpg

そして、この天ぷら。

いったいいつ揚げたの!?といった感じの、いかにも昔の食堂って感じ!

そして、驚くなかれ! エビは小エビですw

尻尾のちょこっとの部分しかエビが入ってないの

あとはすべて、天かすで作られています。

これを作るほうが、技術力高いように思えるんですけどw

この天ぷらを、うどんに乗せると、一気にくたくたになって、

天かすの、たぬきうどんのようになります。これが狙いのようですね。



うどんは、すっごく緩く茹でてあって、箸で引っ張ると、プチンと切れるほど。

いやいやプチンとはいわないな・・・ポツっといった感じで切れるかな。

昨今のコシを大事にした麺とは、一線を画す、頑固な昔気質です。

ここまで緩く茹でるのは、伊勢うどんぐらいかも?

これだけ大量のお客を捌いているのですから、支持されているんでしょうね。

汁は、濃いのを選びましたが、出汁がしっかり出ていて、これは良かったです。

ただ醤油がちょっと辛かったので、次回行くことがあれば、薄いほうにします。



なかなかこういったお店って、残っていないので、

アトラクション?としても、かなり楽しめました。

ただし、うちの子たちは、きれいなお店じゃないと絶対食べられないので、

連れてくるのは無理っぽいかな。

まあ、最初から最後まで、いろいろびっくりさせられたお店でした。

さすがは、『びっくりうどん』です!



営業時間:6:30~13:00

定休日:日曜日、祝日



いなばや
三重県松阪市大黒田町184
0598-21-1707



アクセス方法

名古屋方面から国道23号を南下。

松阪市に入り、国道23号が左斜め側に折れていく信号(小津町信号)を直進。

旧国道42号線(現国道166号線)に入り5Kmほど進みます。

松阪駅の信号を越え、次の宮町信号を右折し、そのまま国道166号線を進みます。

近鉄の跨線橋を越え、1.3Kmほど。茶与町信号を右折します。

2本先の交差点(茶与町信号から150m)を左折し、200mほど進むと、

変則5叉路があり、これを道なりに左折するとお店があります。

お店の前には結構広い駐車場があり、ここの稲葉屋(漢字で書かれています)の

部分に駐車できます。

絶対、スマホのナビなどで行ったほうが確実です。ほんと迷いますから。

僕が若い頃から、見つけられなかったのも分かると思いますよ。

IMG_0570a.jpg
 ⇒Googleマップ(いなばや)


スポンサーサイト



コメント

2021/02/01(月) 07:38:49 | URL | sarukitikun #-
カレーうどん含め食べてみたいですね〜こういうお店割と好きです(^u^)

2021/02/01(月) 09:37:15 | URL | きちにしき #-
天婦羅のエビが小エビって笑えましたwww
衣だけであんなに大きく出来る技術は凄いかも(@_@)
人気のカレーうどんも気になります~。
何十年も変わらず営業してるって事は、きっと
根強い人気店なんでしょうね(*'▽')

sarukitikun さん

2021/02/01(月) 19:57:30 | URL | 大暗黒天. #-
こういったお店、なかなか楽しいですもんね。
カレーうどん美味しそうでした。
次回はダイエットが終わってから行ってみたいと思います・・・。

きちにしき さん

2021/02/01(月) 19:59:06 | URL | 大暗黒天. #-
あの天ぷら、実際出会うと、ほんと笑えますw
あれを作る手間を考えたら、もっと大きいエビを仕入れたほうが安いかも?

2021/02/01(月) 20:25:53 | URL | poe2har #-
お麩が入っているのはうれしいですね♪
この海老天の技術はすごいです!^^

poe2har さん

2021/02/02(火) 23:49:05 | URL | 大暗黒天. #-
このあたりでは、大きな麩が具になっているのは、はなかなか見ないので、面白かったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する