fc2ブログ

T-SQUARE「DANS SA CHAMBRE」を自動演奏させてみました

2021/05/06 21:00:00 | 音楽関係 | コメント:2件

Singer Song Writer Lite 10を使った自動演奏。

6回目の今回は、T-SQUAREの「DANS SA CHAMBRE」です。

DANS SA CHAMBREとは、フランス語で「彼の部屋」という意味ですが、

この部屋は、寝室という意味合いが強いらしいので、まあ、そういう意味なのでしょう。

これをどう読むのかが、学生当時から謎でした。

日本語的に読むと「ダン サ シャンブル」ぐらいが正解なのかなぁ。

ていうか、ずっとそう読んでおりました。



この「DANS SA CHAMBRE」は、前回の「SHADOW」と同じく、

僕がいちばん好きなアルバム、「YES,NO.」のオープニング曲として収録されています。

この「YES,NO.」は、THE SQUARE名義での最後のアルバムで、

続くアルバム「WAVE」から、T-SQUARE名義に変わり、楽曲の雰囲気が変わっていきます。

なので、「YES,NO.」を最高のアルバムと推す人も多いと聞きます。僕もその中のひとりです。

とはいえ僕は、「WAVE」も好きなんですけどね。







この「DANS SA CHAMBRE」、少し前に買った「T-SQUARE Best Collection 復刻版」に、

掲載されています。

こちら、昔の楽譜ではよくあることなのですが、とても間違いが多いんですよね。

臨時記号の忘れや、ナチュラルの入れ忘れ、コードから考えられない音が入ってしまったりと、

なかなか悩まされる楽譜でありました。

そんなときは、原曲を聴きながら、修正をしていくことになります。



そして、Singer Song Writerの限界でもある、変連符。

7連符や5連符とかは、対応しきれていないのですよね。

これらを違和感なく誤魔化しながら入力するのは、なかなかたいへんでした。

また、DTMソフトの常でもあるのでしょうが、12Beatの曲は結構苦手にしているようで、

1拍3連の最初2音がくっついた、符点8分音符が表示できないので、

それをタイでつなぐしか方法がなく、この手間だけでもかなり面倒でした。

これ、Singer Song Writer Lite5の頃から、ぜんぜん修正されていないんですよね。



T-SQUAREの楽曲を打ち込みするのも、これで3曲目になり、

自分なりに、少しずつ腕が上がっているように感じています。

なかなか忙しかったGWの合間を使って、頑張って打ち込みました。

僕としては、3曲の中でいちばん出来が良いと思っているので、

最後まで聴いてみてください。

そして、よかったら感想をお聞かせください。



saxophone-546303_1280.jpg






↑ブログランキング始めました。よかったらクリックしてください。

コメント

転調の激しいこの曲をよくぞ再現できましたね!

2023/10/03(火) 00:30:11 | URL | 名無しさん #-
この曲は以前にエレクトーンで演奏したことあったのですが、どのパートを妥協して流すかが勝負の曲ですよね。
DTMでしたら各パート分けができますが、人間一人で弾くには限界がありますので💦
転調が異常に多いこの曲は運指を記憶するまで練習するのみでした。

名無しさん

2023/10/03(火) 20:28:13 | URL | 大暗黒天. #-
はじめまして。コメントありがとうございます。
エレクトーン演奏はかっこいいですねぇ。
上下段の鍵盤にフットもあって、他にもいろんなボタンも付いていて、小学生の頃とても憧れていました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する